なか卯でご飯を食べた帰り道

子供が外でごはんを食べたいというので、保育園からの帰り道にすったもんだした挙句、なか卯で晩ご飯を食べました。

「成長期の子供にほぼファーストフードのようなお店のご飯を与えていいのだろうか…」と、悶々としながら食事しましたが、その帰り道。

空にぽっかり浮かぶ月がとても幻想的で、一際大きく見えました。

思わず感動し、子供と一緒になって「月が近い!!」と大騒ぎしてしまいました。

そうそう、先日RAPTさんのインスタでは「地球は球体ではない」ことや、「宇宙が存在しない」ことが話題になっていました。

地球は球体ではなく、宇宙も存在しない

RAPT理論から見る地球平面説

この地球を神様が作り、ドーム状の天井から私たちを見下ろしているのだと想像すると、神様が本当に近く感じられます。

上記の話題を元にNikonのカメラで月の距離を検証された方がいて、月は地球から38万km離れた宇宙にあるというのは嘘であると判明しました。

フォロー記事『フラットアースについて』その3

雲の下に太陽がある動画(検証元の動画)

上記の記事では、月を撮影すると端にあるクレーターまで鮮明に映ることから、月が大気圏内にあることを指摘しています。

太陽も月も13km圏内にあるんですね…この事実すごすぎます…

私たち、本当〜に嘘の中で生きてきたんだなと実感します。

分からないことだらけ、苦しいことが話題だらけが当たり前だと思って、耐えて耐えて生きてきましたが、そうじゃない生き方を教えてもらい、感謝の気持ちが溢れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする